外来のご案内

小さなお子様からご高齢の方まで、あらゆる年齢層の患者さんの「運動器」についての疾患を扱います。

整形外科とは、「運動器」の疾患を扱う診療科です。「運動器」とは、骨・筋肉・靱帯・腱・神経等をまとめたものです。小さなお子様からご高齢の方まで、あらゆる年齢層の患者さんの診療を致します。

首が痛い、肩がこる、肩が痛い・あがらない、肘が痛い、手が痛い・しびれる・こわばる、腰が痛い・重い、歩きづらい、股関節が痛い、膝が痛い、足が痛い・しびれる、などの首から下の症状やケガを診療します。

これらの症状の場合は「整形外科専門医」の診察を受けましょう。当院は、院長・副院長とも、日本整形外科学会認定整形外科専門医です。

外来診察のご案内

outpatient

診療の流れについて

1受付・問診

問診票にお答え頂きます。

受付・問診

2診察・検査・診断

診察やレントゲン等の検査を行います。CTやMRIを要する場合は外部機関で検査を行います。

診察・検査・診断

3治療

投薬・注射・リハビリ・物理療法(電気治療)など、いくつかの治療方法の中から患者さんのご希望に沿った最善の治療を提案致します。

治療

4会計

領収書や処方箋を発行します。

会計

5薬局

当院は院外処方です。処方箋をお持ちになり、調剤薬局で薬をお受け取り下さい。

薬局

初めてご来院される方へ

初めて当院をご利用される患者様におかれましては、ご来院前に医院紹介ページの「初診時のご注意点」をご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

疾患について

disease

身体の部位の疾患

変形性頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、頚髄症、頚椎捻挫(ムチウチ)、外傷性頚部症候群、寝違い、首下がり、胸郭出口症候群、など

テニス肘(外側上顆炎)、ゴルフ肘(内側上顆炎)、肘内障、関節リウマチ、変形性肘関節症、肘部管症候群、野球肘、離断性骨軟骨炎、など

ぎっくり腰(急性腰痛症)、変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、側弯症、など

変形性膝関節症、軟骨損傷、半月板損傷、関節リウマチ、偽痛風、離断性骨軟骨炎、オスグッド病、ジャンパー膝、膝蓋腱炎、大腿四頭筋腱炎、など

肩こり、五十肩(肩関節周囲炎)、石灰沈着性腱板炎、上腕二頭筋腱炎、腱板損傷・断裂、野球肩、など

腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、CM関節症、ヘバーデン結節、関節リウマチ、手根管症候群、ガングリオン、爪周囲炎、など

股関節

変形性股関節症、発育性股関節形成不全、臼蓋形成不全、大腿骨頭壊死症、鼠径部痛症候群、FAI(大腿臼蓋インピンジメント)、など

外反母趾、扁平足、足底腱膜炎、踵部脂肪褥炎、アキレス腱炎、関節リウマチ、種子骨障害、踵骨骨端症(シーバー病)、モートン病、など

その他の疾患

骨粗鬆症

介護が必要となる原因の約10%は転倒・骨折です。骨粗鬆症治療の目的は骨折予防、ひいては介護予防です。

当院では最も診断の信頼度が高いDEXA法による診断を行っております。骨粗鬆症の診療ガイドラインに準拠し、手・腕・踵ではなく、腰椎と股関節での正確な骨密度検査を実施します。

骨粗鬆症が進行しすぎてしまうと治療が手遅れになることもあります。特に女性は50歳を過ぎましたら定期的に検査を受けることをおすすめします。

背が縮んだ、背中が丸くなってきた、「いつのまにか骨折」が気になる、といった方もご相談下さい。

骨密度検査は保険内診療です。(1割負担:450円、3割負担:1350円)

スポーツ整形外科について

膝を痛めた、練習量が増えたらすねが痛くなった、ボールを投げるときに肩や肘が痛む、走ると足やかかとが痛い、腰の痛みが長く続いている、など、スポーツに関する諸症状もご相談下さい。

部活動などによる成長期のスポーツ障害も少なくありません。成長期は、骨の成長に比べて筋肉・腱・靱帯などの成長が少ないため、全体的に筋肉や靱帯の緊張が強い状態です。そのため、体のアンバンランスによりトラブルを生じることがあります。当院ではリハビリテーションを通じて、ケガを起こしにくい体作りを目指しています。

スポーツ整形外科

治療について

treatment

リハビリテーション

当院は運動器リハビリテーションの施設基準(運動器リハビリテーションⅠ)を満たしており、
国家資格を有する理学療法士4名が個別に対応し、ストレッチや筋力トレーニングなどを通じて、運動機能や痛みの根本的な症状の改善を目指します。

注射療法

医師の判断により適宜実施致します。

静脈注射、トリガーポイント注射、関節注射(ヒアルロン酸、ステロイドなど)、腱鞘炎注射、神経ブロック注射、など

エコー(超音波)診療

レントゲン写真では見えない筋肉、腱、靭帯、神経などの異常をその場で観察できます。画面をお見せしながら、病状をご説明します。
また、エコーの画像を確認しながらの正確な注射治療や、筋膜リリースが可能です。

※エコー診療は副院長診療日にご相談下さい。

エコー(超音波)診療

装具療法

医師または理学療法士(リハビリスタッフ)の判断により実施します。コルセット、装具(サポーター)、足底板など、オーダーメイドで作成します。毎週木曜日9時より行います。

漢方処方

当院では漢方薬による治療も行っております。医師の判断、もしくは患者さんのご希望により各種漢方薬を処方致します。

よくある質問

Q&A

整形外科は整骨院(接骨院)や整体と何が違うのですか?

整形外科は「医師」、整骨院は「柔道整復師」という違いがあります。

また、整体やカイロプラティックには公の資格はありません。

整形外科は医療機関ですので、診察行為(診断、投薬、注射など)や検査(レントゲンなど)ができます。

柔道整復師は医療類似行為の資格です。外傷に対する施術や応急処置のみが治療範囲であり、肩こりや腰痛などは保険診療が認められていません。

診療の受付は何時までですか?

診療時間内は受付しております。

診療時間は、午前9:00~12:30、午後15:00~18:00です。

診察の予約はできますか?

診察の予約は受け付けておりません。

診療時間内に受付へお越しください。

駐車場はありますか?

当院の向かい(北側)に14台駐車可能です。

最寄りのバス停はどこですか?

以下の2つが最寄りのバス停です。

●大宮から各方面行 : 「並木中」

●各方面から大宮行 : 「西上小町」

どちらのバス停からも当院までは徒歩3分です。

当院のアクセス方法についてはこちらのページをご覧ください。

薬局の指定はありますか?また近い薬局はありますか?

薬局の指定はございません。

当院から近い薬局は「薬樹薬局」と「十字堂薬局」です。いずれも当院から徒歩2分です。

保険証を忘れてしまいました。

受診料は、自費もしくは内金で頂きます。

後日保険証をお持ちいただけましたら精算致します。遅くとも月末までにお持ち下さい。